NEWS

2021.6.24

OPIE’21に出展します

日本特殊光学樹脂株式会社(略称:NTKJ 所在地:東京都板橋区 代表取締役:佐藤公一)はOPIE’21(OPTICS PHOTONICS International Exhibition 2021) レンズ設計・製造展に出展いた... Continue reading

2021.4.27

GW休業のお知らせ

弊社のGW休業期間は以下のとおりとなります。新型コロナウィルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言に伴い、当初の予定より休業期間を拡大致しましたのでご留意下さい。 当期間中もWebからのお問い合わせは受付ますが、ご回答は休み明けとなりますこと、ご了... Continue reading

FEATURE

日本特殊光学樹脂株式会社(NTKJ)は、高品質、高精度プラスチックレンズのファクトリー&ラボです。1974年創業以来、「本物を創る」を理念に掲げ、光学部品の日本代表として活動しています。もっと薄く。もっと小さく。あるいは、もっと大きく――。試行錯誤を重ねながら、私たちにしかできないモノづくりをしています。

No.1
NTKJの特徴となる技術は「超精密金型加工」「精密熱プレス成形」「超大型レンズ製作技術」の3つ。 世界でも類を見ない超々精密加工機のほか、オリジナルの精密製造ラインにより、光学設計、金型製作、熱プレス成形から外形加工、検査まで一貫しておこなっています。 様々な樹脂材料や特殊形状仕様の光学レンズ試作から量産まで、ファクトリー&ラボと掲げて社員一同、考えることを止めず、常に工夫を凝らして本物を作り続けています。 ご相談、ご依頼お待ちしております。

超精密金型加工

NTKJが誇る世界クラスの超精密金型加工技術を駆使して、ナノオーダーのシングルポイントダイヤモンドターニング(SPDT)や精密加工技術で、分解能0.01nmの金型加工を行っています。

超精密金型により製作された弊社の光学素子、プラスチックレンズは、様々なアプリケーションや分野で活躍しています。
光学
照明
医療
センシングやイメージング(リモートセンシング)
防衛
宇宙航空
AR/VR(HMD、HUD)
μTAS
光通信
赤外用レンズ(HDPE)、近赤外用レンズ(PMMA)
紫外用レンズ(UVB、UVC) UV-SWIR広帯域透過樹脂や紫外線透過PMMA
薄型、大口径かつ軽量のゲルマニウムフレネルレンズ
回折格子素子、回折格子
マルチスペクトル、ハイパースペクトルイメージング

上記以外のアプリケーションや分野でも、ご要望のレンズ仕様がございましたら是非お問合せください。

DOE measurements taken with Zygo NewView

高精度熱プレス成形

Comparison of lens made via NTKJ's heat compression
molding (top) vs. conventional injection molding (bottom)

NTKJ's mold pattern transfer rate

NTKJの高精度熱プレス成形では微細パターンをプラスチック製品へ転写します。

一般的な射出成形と比較して、高精度熱プレス成形では、大型かつ薄型でより微細な形状を持つレンズを作ることができます。特に写真で示すように、プリズム先端Rは1um以下での製作も可能です。

金型からレンズへのパターン転写率はほぼ100%です。左図に示すように、射出成形でのレンズピーク(Hi)とは対照的に高精度熱プレス成形でのレンズピーク(Hp)は設計ピーク(Hd)をほぼ正確に再現しています。

NTKJの高精度熱プレス成形にて製作された高精度プラチックレンズにより光学ロスを最小限に抑えられます。より高品質な、NTKJのプラスチックレンズを是非ご検討ください。

超大型レンズ製作

NTKJの超大型レンズ製造技術では、標準サイズレンズと同等の微細形状や品質レベルでの製作が可能です。ご要望に応じて、特別なサイズや品質でのレンズ製作も行います。

1600 mm x 1200 mmサイズより大きなレンズ製作は、レンズ材料へのダイレクトカット加工にて製作が可能です。

ダイレクトカット加工は、大型レンズ製作に用いられる他、様々なサイズやレンズ形状での試作製作にも対応しており、試作開発案件でも用いられる製造技術です。

最大加工範囲(樹脂直接加工):φ 5000 mm (4600 mm x 2700 mm)
最大熱プレス成形サイズ:1600 mm x 1200 mm
最大UV成形サイズ:巾1400 mm

The Wakasa Wan Energy Research Center

本物を創る

NTKJは、高品質・高精度のプラスチックレンズの製造販売を目指す企業として、1974年創業しました。 いまでは国内外において、プラスチックレンズのトップメーカーとして認知されており、本社は光学の町として知られている東京都板橋区にあります。

創業以来、長年培った技術力を背景に、「本物を創る」という社訓のもと独創的発想に努め超精密加工品や特殊レンズの開発に取り組み、国内外ユーザー皆様からの厚い信頼を得て成長してきました。

NTKJの主なレンズ加工機は、独自に設計製作した超大型フレネル加工機をはじめ、温度・振動管理の徹底された超精密加工機で様々なご要望に応えられると共に、量産設備に関してもオリジナルの熱プレス成形機で対応しています。 また、弊社の製造設備は最新技術を取り入れながら日々アップデートしています。

いまNTKJは「本物を創るファクトリー&ラボ」と掲げ、「多品種」「高品質」「サイズバリエーション」「迅速な対応」で、お客さまの研究開発から商品化、量産まで、最先端の試作開発を行うラボ機能と、安定した品質で量産を担うファクトリー機能で、お客さまのビジネスをサポートします。

製品

NTKJの製品用途は無限です。 近年では、微細な精密加工が施された平面プリズムは立体映像や非接触ディスプレイ用途として使用されており、フレネルレンズはLED照明、広角ミラーや集光用途として使用されています。また、カスタマイズしたWaveguideや回折格子はAR/VR/MR用途や分析機器にも使用されています。

NTKJの高品質な200インチクラスの超大型フレネルレンズやレンチキュラーレンズは透過型、反射型スクリーンとしても使用されています。

CUSTOM

プラスチックレンズの受注製作について

プラスチックレンズの受注製作について


NTKJは、カスタムメイドのプラスチックレンズ製品の金型製造・成形品販売を行っています。NTKJの製造設備とノウハウで、フレネル、レンチキュラー、リニアフレネル、フライアイレンズ、非球面レンズフラットプリズムなど、様々なプラスチック光学製品の試作製作から大量生産まで、幅広いニーズに対応できます。

NTKJの主なレンズ加工機は、独自に設計製作した超大型フレネル加工機をはじめ、温度・振動管理の徹底された超精密加工機で様々なご要望に応えられると共に、量産設備に関してもオリジナルの熱プレス成形機で対応しています。 また、弊社の製造設備は最新技術を取り入れながら日々アップデートしています。

いまNTKJは「本物を創るファクトリー&ラボ」と掲げ、「多品種」「高品質」「サイズバリエーション」「迅速な対応」で、お客さまの研究開発から商品化、量産まで、最先端の試作開発を行うラボ機能と、安定した品質で量産を担うファクトリー機能で、お客さまのビジネスをサポートします。

NTKJのレンズ製品は主にPMMAを使用しております。ポリカーボネートや他の材料も対応検討いたしますので、お気軽にご相談ください。

受注生産品の例

受注生産品の例

大型フレネルレンズ
小型フレネルレンズ
大型リニアフレネルレンズ
小型リニアフレネルレンズ
非球面レンズ
フライアイレンズ・レンズアレイ
導光板
プリズムシート
投影スクリーン